多摩ら・び 2002 No.19

紙本
617(税込、送料別)
たまら・びの紹介
まちの未来といっしょに生きる。 
たまら・び は、東京の多摩地域に暮らす人(まちの未来プロジェクトメンバー)がつくる地域誌です。
多摩ら・び 2002 No.19の内容
<特集:春をたずねて 植物園へ >
季節を追って一年中花が咲く 東京都立神代植物園(調布市)/花の丘をめぐる散歩コース 町田 七国山周辺(町田市)/緑と花の大空間 国営昭和記念公園(立川市)/樹木と山野草が春を告げる 多/森林科学園(八王子市)/身近な薬草の花が満開 東京都薬用植物園(東大和市)/キャンパスの中の植物園 東京薬科大学薬用植物園(八王子市) /奥多摩の山野草がお出迎え 北島自然野草園(青梅市)…他

春だ、動物園へ行こう
タグ たまら・び
出版社 けやき出版
著者名 けやき出版
発行形態 季刊誌
発売日 2002年3月15日
ページ数 88 ページ
送料
100円 全国一律
無料 当ストアの書籍を一度に4冊以上お買い上げの場合
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍 一覧

TOP