うちの犬ががんになった

電子
1,400(税込)
うちの犬ががんになったの内容
愛犬ケンタをがんで亡くした著者の実体験を綴った
愛犬の「がん」と向き合うための実用書!

飼い主さんの視点で書かれた本書は、
愛犬ががんになってしまった飼い主さんはもちろん、
飼い主さんの意向や気持ちに配慮した治療を行う
獣医師にとっても貴重な情報が満載です。

いま日本で飼育されている犬のうち、毎年あらたに毎年10%か120万頭以上ががんを発症し、
特に10歳を過ぎた老犬の50%は、がんで死んでしまいます。
実は犬にとって、がんはとても「身近な」病気なのです。

著者のウィム・モーリングは、日本在住の元ジャーナリスト。愛犬のゴールデン・レトリバー、ケンタをがんで亡くした彼は、ケンタの担当獣医師だった井上敬子先生にも協力してもらい、自分の経験をまとめて、がんになった犬のケアについて一冊の本にまとめました。本書は、愛犬ががんになってしまった飼い主さんのための実用書です。飼い主さんが、がんの正しい知識を持ち、最適な治療法を獣医師と相談し、自宅で最良のケアをするために、愛犬の日常生活や心理を著者独自の視点に基づき、わかりやすくアドバイスしています。

<本書でわかること>
●がんはどんな病気か
●がんの診断方法
●どんな治療ができるのか
●最善の治療法の選び方
●担当医に何を質問するか
●闘病中の世話の仕方



◆コンテンツ

監修者のことば:うちの猫もがんになった!
はじめに

犬のがん

第1章 診断
第2章 治療に際して決めること
第3章 治療
第4章 世話の仕方
第5章 ほかに考えられる方法とは?
第6章 別れのとき
第7章 愛だけを残して

ケンタの日記

付録1 用語集
付録2 犬の平均寿命
付録3 便利な連絡先一覧

参考文献
謝辞
出版社 株式会社緑書房
著者名 著者:ウィム・モーリング 執筆協力:井上敬子 獣医学監修:石田卓夫
発売日 2012年6月29日
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍

TOP