月刊サクライザー新聞7月号2018年

電子
0(税込)
サクライザー新聞の紹介
「月刊サクライザー新聞電子版」は無料版としてどなたでもお気軽に閲覧できます。
〝立ち読み〟はストリーミング版で全てのページが閲覧できます。
マイページを利用してダウンロードされたい方は【会員登録】が必要になります。ログイン後に〝マイ本棚に追加〟でマイページへ追加されます。
※動画再生にはオンライン環境でご覧いただけます。
月刊サクライザー新聞7月号2018年の内容
季節到来!美味い桃食ってけし
桃食ぶる やまなしの風 吹いてくる
先日、東京都江東区の大型商業施設『深川ギャザリア』で、山梨をPRする「甲州戦記サクライザーショー」が行われ、好評を博した。その時、千葉からサクライザーを見に来られた女性から、「山梨の桃はどんな種類があるんですか」と聞かれました。山梨の桃への関心の高さがうかがえました。山本博士は、自信満々に、「硬いのと軟らかいのがあります」と答えていました(笑)一口に、”山梨の桃”と云っても、はなよめ、日川、加納岩(かのいわ)、みさか、暁星(ぎょうせい)、夢しずく、白鳳、あかつき、嶺鳳、夢あさま、なつっこ、一宮水蜜、川中島、ゆうぞら……様々な品種があります(山梨県民なら誰でもしっているよネ)。サクライザーも、御坂のグレープハウスさんに”てんだい”にきました。ちょうど、”ちよひめ”が食べごろを迎えていました。”ちよひめ”は、桃の中では「はなよめ」とともに最も早く出回り始める品種です。早いものは5月下旬頃から始まり、6月中旬頃から路地物も収穫が始まります。食べ頃の旬は6月中旬から7月初旬あたりとなります。8月のお盆に向けて、山梨は甘い季節を迎えます。自然の恵みを、腹いっぱいご賞味ください。
出版社 オフィス color eight サクライザー新聞編集部
発行形態 月刊
発売日 2018年6月25日
ページ数 8 ページ
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍 一覧

TOP