月刊サクライザー新聞2月号2015年

電子
0(税込)
サクライザー新聞の紹介
「月刊サクライザー新聞電子版」は無料版としてどなたでもお気軽に閲覧できます。
〝立ち読み〟はストリーミング版で全てのページが閲覧できます。
マイページを利用してダウンロードされたい方は【会員登録】が必要になります。ログイン後に〝マイ本棚に追加〟でマイページへ追加されます。
※動画再生にはオンライン環境でご覧いただけます。
月刊サクライザー新聞2月号2015年の内容
希望の春
『恵方巻』を支える職人技。
お寿司売り場から、愛を込めて!

太巻きの 食べる笑顔が 春を呼ぶ

 恵方巻の由来には諸説あります。
 一説+には、節分の日に大阪地方で太巻きを食べる風習が、全国に広がり、平成10年に大手コンビニが全国展開するにあたって、商品名として採用した「恵方巻」という名前が広まったとも云われています。
 その年の恵方(歳徳神の在する方位)に向って、太巻きを丸かじりするというもの。
 その姿が、『お行儀が悪い』、『下品』だという方もいらっしゃいますが、実際にやってみると、思わず笑顔に、普段味わえないような、なんとも云えない食感がありました。口の中に、豪快に、きゅうり、かんぴょう、さくらでんぶ等の美味しさが広がりました。
 目指すは「八ヶ岳のびっくり箱」!北杜市大泉にある地域の台所『ひまわり市場』の売り場には、いつも活気があります。それは、職人さんたちの心意気がみなぎっているからです。特に、新鮮さが売りの、寿司売り場には、そんな粋な職人さんが良く似合います。
 春の到来に縁起を担ぐ「恵方巻」、この職人さんたち・江戸前オールスターズの姿こそ、八ヶ岳の麓に春を呼ぶ福男に間違いありません。
 美味しいお寿司は、元気の源。サクライザーも、太巻き食べて、「希望の春」に、行くさよ〜!!
出版社 オフィス color eight サクライザー新聞編集部
発行形態 月刊
発売日 2015年1月25日
ページ数 8 ページ
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍 一覧

TOP