月刊サクライザー新聞8月号2015年

電子
0(税込)
サクライザー新聞の紹介
「月刊サクライザー新聞電子版」は無料版としてどなたでもお気軽に閲覧できます。
〝立ち読み〟はストリーミング版で全てのページが閲覧できます。
マイページを利用してダウンロードされたい方は【会員登録】が必要になります。ログイン後に〝マイ本棚に追加〟でマイページへ追加されます。
※動画再生にはオンライン環境でご覧いただけます。
月刊サクライザー新聞8月号2015年の内容
暑い夏を、楽しくお過ごしください。
サクライザー、サラ&山本博士

かき氷 つくるそばから 消えて行く

梅雨が明けると、猛暑日と荊沢サラがやって来た。
「博士〜、生きてる?」。
 暑さでグッタリしている山本博士の様子を見に来たのだった。
「せっかく、つーふーの発作が治まっていても、油断しちゃダメ!血液の濃度が上がっちゃうから、夏は、小まめな水分補給が大事なの」
「でもな〜、水ばかり飲んでるワケにもいかんだろう」
 そこに、パトロールを終えたサクライザーが帰って来た。
「ふぅ〜、暑くて敵わんじゃんネ。博士!なんか冷てえもんねえけえー」
「あたし、かき氷がイイ!」
「なんだ、サラちゃんも来ていただけ。きれいな浴衣じゃんね。……博士、なにしてるで!早くかき氷の準備をしろし!」
「はいはい、かき氷の準備をしればいいんですね。分かりました。分かりました。……ところでサラ、浴衣なんて珍しいじゃん」
「やっと、気が付いたんですか、博士!観察力なさすぎ過ぎー、だからモテないんですよ」
「ほっといてくれ。浴衣は誰が着ても、かわいく見えるものなの……」
「博士ーー!!」
「あの調子じゃ、博士、そうとう暑さにやられているじゃんな」
「ですよねー」

「ホレ、食え!もっと食え!」
ところが、かき氷を作り続けていると、博士はなんだか楽しくなってしまった。
「よし、次は流しそうめんだ!」
「博士、夏は、そう来なくっちゃ!」
出版社 オフィス color eight サクライザー新聞編集部
発行形態 月刊
発売日 2015年7月24日
ページ数 8 ページ
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍 一覧

TOP