月刊サクライザー新聞9月号2015年

電子
0(税込)
サクライザー新聞の紹介
「月刊サクライザー新聞電子版」は無料版としてどなたでもお気軽に閲覧できます。
〝立ち読み〟はストリーミング版で全てのページが閲覧できます。
マイページを利用してダウンロードされたい方は【会員登録】が必要になります。ログイン後に〝マイ本棚に追加〟でマイページへ追加されます。
※動画再生にはオンライン環境でご覧いただけます。
月刊サクライザー新聞9月号2015年の内容
美しい田園を守るかかしは、
農家のヒーローだ!

モノ云わぬ かかしに込めた 思いかな

 今年の夏は、暑かった。
 この暑い日差しを吸収して、水田では青々とした稲がグングンと伸びていました。そうなると、「かかし」の出番です。
 畑や水田にたたずむ「かかし」は、鳥などの害獣から作物を守ってくれます。古くは、髪の毛や魚の頭などを焼いて、串にさして田畑に立てたものでした。強い匂いで、鳥や獣を追い払っていたことから、これを「嗅がし(かがし)」と呼び、清音化されて「かかし」となりました。
 農家さんの強い味方「かかし」の昼夜を問わず、自らの使命を果たそうとする姿は、まさに田園のヒーローです。
 中央道・韮崎ICから車で20分の韮崎市円野町は、「かかしの里」。美しい田園地帯が広がります。
 ここでは、毎年世相を反映したユニークなかかし祭りが行われます。ここで展示された「かかし」は、すべて募集された作品です。人気投票も行われ、9月には「かかし」のコンクール表彰式も行われます。
 緑の水田をパトロール中の、サクライザーと荊沢サラ、そして、山本博士は、「かかし」のお手伝いに。この「かかし」は、下円井2組の皆さんが作られた「おかずのいらない おいしいお米 まるのの米つくり」。
 美しい田園を背景に、米作りの文化を伝えています。
出版社 オフィス color eight サクライザー新聞編集部
発行形態 月刊
発売日 2015年8月25日
ページ数 8 ページ
内容に関するお問い合わせ先

関連する書籍 一覧

TOP